土龍打(読み)もぐらうち

精選版 日本国語大辞典の解説

もぐら‐うち【土龍打】

〘名〙 モグラの害を防ぐためと称して、豊作を祈って小正月に行なう呪的行事。子どもたちが固くたばねた藁(わら)束で地面を打ったり、金だらいをたたいたりして歩くもの。また、その道具。むぐらうち。むぐらふうじ。むぐらもちうち。もぐらおどし。もぐらおい。《季・新年》
※町人嚢(1692)四「筑紫の所々に、初春の頃よりもぐらう地とて、竹のさきに巻藁を付て童子共地を打事あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android