コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町人嚢 ちょうにんぶくろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

町人嚢
ちょうにんぶくろ

江戸時代中期の天文暦学家,西川如見の著わした教訓書。5巻。享保4 (1719) 年の成立。町人としての心得を学問,道徳,職業,処世などに分け個条書にしたもの。封建的身分制を肯定したうえで武士と異なる町人独自の生き方を主張したところに特徴がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

町人嚢【ちょうにんぶくろ】

長崎の天文学者西川如見(じょけん)の著。5巻。町人道,町人の心得などを平易な文章で説いたもの。1719年刊。同著者が著した幕藩体制下の農民の処世訓を説いた《百姓嚢》(1731年)とともに元禄(げんろく)〜享保(きょうほう)期(1688年―1736年)の庶民生活の史料である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

町人嚢
ちょうにんぶくろ

江戸中期の長崎の町人で西洋学術の研究紹介者として活躍した西川如見(じょけん)の主著。5巻。なお補遺として『町人嚢底払(そこばらい)』2巻。ともに1719年(享保4)刊。同書は「人間は根本の所に尊卑あるべき理(ことわり)なし」という四民平等の自覚をもとに、多くの古典を引用しながら、町人は簡略、質素、倹約、謙などの諸徳を守り、「中道」を保ち「道理」を求めるための学問を学ぶことを強調する。さらに諸種の道に関する「秘密口伝」といった権威化や、鬼門、厄年(やくどし)、墓相(ぼそう)、卜占(ぼくせん)などの迷信や不合理な習俗を否定し、町人としての生き方を啓蒙(けいもう)する。同書は如見の『百姓嚢』とともに、近世庶民の代表的教訓書として大きな影響を与えた。[今井 淳]
『中村幸彦編『日本思想大系 59 近世町人思想』(1975・岩波書店) ▽飯島忠夫・西川忠幸校訂『町人嚢・百姓嚢・長崎夜話草』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

町人嚢の関連キーワード小川多左衛門(2代)疎良し

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android