コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圧力釜 アツリョクガマ

栄養・生化学辞典の解説

圧力釜

 圧力鍋ともいう.から気体が出にくい構造をしており,内部の圧力を上げ,蒸煮温度を上げ,蒸煮時間を短くしたり,短時間で殺菌したりする目的で用いられる釜.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

あつりょくがま【圧力釜】

ふたと身を密閉構造にすることにより、内部を高温・高圧の状態に保てるようにした釜。普通の鍋よりも早く、やわらかく煮ることができる。圧力鍋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の圧力釜の言及

【圧力なべ(圧力鍋)】より

…気圧が上がると水の沸点が上昇することを利用して内部を高温高圧にし,食品を加熱調理する器具。圧力釜ともいう。気密性,耐圧性に富む構造から成り,調節弁によって内部は約110~125℃,0.5~1.3kg/cm2に保たれる。…

※「圧力釜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

圧力釜の関連キーワード御嵩町前沢の産廃施設計画圧力なべ(圧力鍋)オートクレーブコムギあられ三並 義忠SGマークポン菓子レトルト高圧釜相転移安全弁パパン缶詰玄米高圧高温

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

圧力釜の関連情報