コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在原滋春 アリワラノシゲハル

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

在原滋春 ありはらの-しげはる

?-? 平安時代前期の歌人。
在原業平(なりひら)(825-880)の3男。在次君とよばれ,和歌をよくし「古今和歌集」に6首が収録されている。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ありわらのしげはる【在原滋春】

平安前期の歌人。業平の第二子。在次君と呼ばれる。「大和物語」の作者とする説がある。歌は古今集などにみえる。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報