コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地域主権戦略会議 チイキシュケンセンリャクカイギ

デジタル大辞泉の解説

ちいきしゅけん‐せんりゃくかいぎ〔チヰキシユケンセンリヤククワイギ〕【地域主権戦略会議】

地域主権改革に関する施策を検討・推進するため、民主党政権下で内閣府に設置された機関。閣議決定により平成21年(2009)11月発足。内閣総理大臣を議長とし、関係閣僚・有識者により構成。政権交代に伴い平成25年(2013)3月に廃止された。→地方分権改革推進本部

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

地域主権戦略会議の関連キーワード地方分権改革推進委員会出先機関の廃止方針地域主権戦略室地方制度

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地域主権戦略会議の関連情報