コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地域型住宅 ちいきがたじゅうたく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地域型住宅
ちいきがたじゅうたく

地域の特性に合せて設計・施工された住宅。日本では従来,その地域の気候条件や風土などを考慮して設計し,おもに地場の材料を用いて建設される住宅が一般的であったが,高度経済成長以降,全国どこでも同じような住宅が大量に建てられてきた。しかし,近年ようやく地域の特性という点に目が向けられるようになって,伝統的な地域型住宅が見直されてきた。さらに地場産業活性化という点からも有望視され,各地に推進グループができている。一方住宅メーカーでも,これまでの画一的商品から,寒冷地向けや高温多湿地域向けといった商品開発を進めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android