コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地形の逆転 ちけいのぎゃくてんrelief inversion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地形の逆転
ちけいのぎゃくてん
relief inversion

かつて高地をなしていた地表の一部が,のちに凹地となり,凹地であった部分が高地となって,地表の起伏状態が逆になる現象。溶岩や厚い礫層などが低地を埋積している場合に,この部分が浸食に対する抵抗性が大きいと取残され,周辺の高地の軟弱な地層のほうがすみやかに浸食され低下することがある。構成物質の硬軟の差に基づく選択的浸食の結果生じる地形現象である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

地形の逆転の関連キーワード

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android