コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方の聞書 じかたのききがき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地方の聞書
じかたのききがき

才蔵記」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地方の聞書
じかたのききがき

江戸時代の民政に関する心得を記した地方書(じかたしょ)の一つ。1冊。元禄(げんろく)年間(1688~1704)、紀州伊都(いと)郡学文路(かむろ)村(和歌山県橋本市)の地方(じかた)役人大畑才蔵(おおはたさいぞう)が著したもので、『才蔵記』ともいう。本書の意図は地方役人の心得るべき条項を説述することにあり、その構成は「田園集序」と「地之善悪(ちのよしあし)、修理(しゅうり)、肥(こやし)」以下22項目からなる。経済的にかなり進んだ時代と場所とを背景として書かれたもので、その特色は、著者が村役人であるところから、領主側の立場と農民側の立場との両方から書かれていることで、土木技術に優れた知識が各所にみられ、全体としても合理的、計画的、経済的、歴史的、数量的な優れた見解が示されている。『近世地方経済史料』第2巻、『日本農書全集』第28巻所収。[三橋時雄]
『飯沼二郎編『近世農書に学ぶ』(1976・日本放送出版協会) ▽『橋本市史 中巻』(1974・橋本市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

地方の聞書の関連キーワード大畑才蔵

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android