コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

才蔵記 さいぞうき

2件 の用語解説(才蔵記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

才蔵記
さいぞうき

『地方 (じかた) の聞書』ともいう。元禄年間 (1688~1704) に書かれた地方書 (じかたしょ) 。紀伊国伊都郡学文路 (かむろ) 村の大畑才蔵の著とされる。1冊。農業技術,村政手続,土木技術などを記すほか,2町5反を耕す地主手作りの収支計算例や綿作技術,新田開発に要する用水量の算定など,独特の知識を伝えている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さいぞうき【才蔵記】

江戸時代,元禄期(1688‐1704)の農書。紀伊国伊都郡学文路(かむろ)村(現,和歌山県橋本市)の大畑才蔵の著。同書の表紙に《地方(じかた)の聞書》と題されているが,《大畑家由緒書》によって《才蔵記》の名がある。一般的農業知識のほか,水利土木的知見に詳しい。また,年貢査定や営農経費見積りなど数量的把握が注目されている。著者は役人としても水利工事に功績をのこした。《日本農書全集》所収。【山田 竜雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

才蔵記の関連キーワード丹前物暦小紋総釣のんやほ節美濃彫錦袋子扱箸奥州(1)金竜東坡軒

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone