コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

才蔵記 さいぞうき

2件 の用語解説(才蔵記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

才蔵記
さいぞうき

『地方 (じかた) の聞書』ともいう。元禄年間 (1688~1704) に書かれた地方書 (じかたしょ) 。紀伊国伊都郡学文路 (かむろ) 村の大畑才蔵の著とされる。1冊。農業技術,村政手続,土木技術などを記すほか,2町5反を耕す地主手作りの収支計算例や綿作技術,新田開発に要する用水量の算定など,独特の知識を伝えている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいぞうき【才蔵記】

江戸時代,元禄期(1688‐1704)の農書。紀伊国伊都郡学文路(かむろ)村(現,和歌山県橋本市)の大畑才蔵の著。同書の表紙に《地方(じかた)の聞書》と題されているが,《大畑家由緒書》によって《才蔵記》の名がある。一般的農業知識のほか,水利土木的知見に詳しい。また,年貢査定や営農経費見積りなど数量的把握が注目されている。著者は役人としても水利工事に功績をのこした。《日本農書全集》所収。【山田 竜雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone