コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方召上 じかためしあげ

世界大百科事典 第2版の解説

じかためしあげ【地方召上】

江戸時代,将軍や大名が家臣に対し,それまでの地方知行を取り上げ,蔵米知行に切り替えること。17世紀中葉以降,多くの藩で行われた。これとは逆に,蔵米知行を地方知行とすることを地方直しといった。また,地方知行の家臣に対し,懲罰的意味合いから地方知行を蔵米知行や扶持米に切り替える場合にも行われた。【藤井 譲治】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

地方召上の関連キーワード諏訪藩

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android