コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方知行 じかたちぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地方知行
じかたちぎょう

鎌倉~江戸時代初期における武士階級の主従関係の経済的基礎をなした土地,人民の直接支配権。地方知行は,荘園制のもとで起った土地の占有 (下地の知行) ,貢租の徴収 (所当の知行) ,および農民の行政 (百姓の仕置) とを全面的に兼ねる権利であった。しかし城下町の成立,兵農分離の進行,大名家臣団の形成に伴い大名の土地領有権と農民の土地所持権への2分化の過程で名目化し,大名家臣の俸禄受給権を知行と呼ぶようになった。江戸時代にはなお旗本領知行所と呼ばれ,比較的本来の形を保っていた。大名家臣の場合は,上級のものに地方知行が残され,または復活されるところもあったが,一般には蔵米知行 (→俸禄制度 ) が普及していた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じかた‐ちぎょう〔ヂかたチギヤウ〕【地方知行】

江戸時代、幕府が旗本に、あるいは大名がその家臣に一定の土地を与え、その土地と農民を直接支配させたこと。→蔵米知行(くらまいちぎょう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

地方知行【じかたちぎょう】

近世の幕藩体制下において,大名が家臣に対して百姓付の土地=地方をあてがった知行形態をいう。地方知行は上・中級の家臣にあてがわれ,あてがわれた家臣を給人(地頭)知行地を給所(知行所)という。
→関連項目金沢藩藩政改革夫役松代藩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じかたちぎょう【地方知行】

江戸時代,将軍あるいは大名より,某村何百石といった形で一定の土地・百姓を禄として受け取ること,またそれを支配すること。これに対し,所付けがなく高のみの知行を蔵米知行(俸禄制)といい,これは与えられた知行高に対して一定率(多くの場合,高の40%前後)の米を幕府あるいはの蔵から受け取った。江戸時代初期の大名家臣の多くは,知行を地方であてがわれるのが通例であったが,17世紀を通じて多くの諸藩は,地方知行を廃し蔵米知行へと知行制を変更していった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の地方知行の言及

【知行】より

… 大名の領地を支配関係によって大別すると,大名が直接支配し年貢を収納する蔵入地(くらいりち)と,家臣に宛て行う給地(家臣知行分)とに分けられる。そして後者すなわち家臣が給地を支配する形態には,地方(じかた)知行蔵米(くらまい)知行とがあった。地方知行とは,家臣が直接給地を支配して年貢を収納する形態であり,戦国期の小領主の知行形態にならったものではあるが,江戸時代には大名領主権が強大となって裁判権などは吸収され,実質的には制限付きの年貢収納権だけが残されていた。…

【幕藩体制】より

…これを藩体制の確立といい,それは次のことを内容としていた。(1)大名家臣=給人が給人知行地の農民に対して直接に個別的に支配を行うこと(地方知行(じかたちぎよう)という)を事実上,または制度上禁止すること。(2)藩がその直轄地(蔵入地(くらいりち)),給人知行地を含めて,所領内の農民支配を一元的に掌握して年貢を取り,大名家臣にはその知行高に応じて,藩が年貢米を支給する(俸禄制という)制度にすること。…

【村中入会】より


[村中入会の成立過程]
 戦国末~近世初頭の林野利用の状況から村中入会への移行は,林野に対する近世領主権の確立過程で進行する。その過程で領主の打ち出した方策の第1は,地方知行(じかたちぎよう)者の林野に対する知行権を否定し,林野を蔵入地(くらいりち)化する方向をとる。地方知行を与えられていた家臣は,耕地とともに林野を耕地の一部として私的に支配した。…

※「地方知行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

地方知行の関連キーワード地方知行制蔵米知行制高知(県)宮城(県)中川久清大岡忠光前田利常前田綱紀荻原重秀地方召上戸田氏鉄張紙値段御家人大村藩熊本藩土佐藩岡山藩秋田藩仙台藩改作法

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android