コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方整備局 チホウセイビキョク

2件 の用語解説(地方整備局の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちほうせいび‐きょく〔チハウセイビ‐〕【地方整備局】

国土交通省地方支分部局。道路・河川・港湾・ダム・空港などの整備・維持管理、建設業・測量業・宅地建物取引業不動産鑑定業などの許認可・指導監督などを所管する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地方整備局

国土交通省の地方出先機関。01年の中央省庁再編で、旧建設省地方建設局と旧運輸省の港湾建設局が統合して発足。関東や近畿など8カ所にあり、職員は2万1千人、予算規模は年間約8兆円。北海道と沖縄を除く国道、河川、港湾などの整備や維持・管理を担う。北海道では、国交省北海道開発局が同様の機能を持つ。各整備局には、公共事業に対する国のコントロールを強める狙いがあった。戦後、都道府県知事地方選挙で選ばれるようになり、公共事業に批判的な革新知事が誕生。旧建設省は50~60年代にかけて河川法や道路法を改正して、国の権限を強化。地方出先機関の権限も強めていった。

(2008-07-04 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地方整備局の関連キーワード国土庁中央集権出先機関国土交通省国土交通大臣国土交通大臣免許出先機関の廃止方針行政不服審査制度北海道開発の行政組織国の出先機関と統廃合問題

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地方整備局の関連情報