コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地業(読み)じぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

じぎょう【地業】

建造物を安全に支えるため,あるいは構築上の必要から地盤に施される基礎工事部分の総称。〈ちぎょう〉ともいう。地盤がじょうぶでそれ自体で建造物を支えることができる場合には,地盤面を極力平らにした後割りぐり石などを並べて十分締め固め(割りぐり地業),その上に捨てコンクリートを打ってから建造物の構築を行う。地盤がよい場合は,直接厚く捨てコンクリートだけを打つこともある。地盤が弱い場合は,杭を打ち込んだり(杭地業)するほか,ピア(柱状の構造物)やケーソンなどが地業として用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の地業の言及

【基礎】より

…建築物や橋,ダムなどの構造物の自重による鉛直方向の荷重や,地震や風によって構造物に加わる水平方向の荷重を地盤に伝えるための工作物。構造物の下部に広がって設けられる下部構造体(フーチングfootingといい,この部分のみを基礎と呼ぶこともある)と,杭などのように地盤側に設けられる工作物である地業とからなる。構造物の上部構造の荷重は,鋼材やコンクリートでつくられた柱や壁に集約されて支えられており,常時,柱に働いている圧縮力は断面1cm2当り,鋼柱で1000kgf,コンクリート系の柱では数十kgfの程度である。…

【地業】より

…〈ちぎょう〉ともいう。地盤がじょうぶでそれ自体で建造物を支えることができる場合には,地盤面を極力平らにした後割りぐり石などを並べて十分締め固め(割りぐり地業),その上に捨てコンクリートを打ってから建造物の構築を行う。地盤がよい場合は,直接厚く捨てコンクリートだけを打つこともある。…

※「地業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地業の関連情報