コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

園部 そのべ

2件 の用語解説(園部の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

園部
そのべ

京都府中部,南丹市南部の旧町域。丹波山地南西部にある。1889年町制。2006年八木町,日吉町,美山町と合体して南丹市となった。市街地を形成する園部は大堰川の支流園部川に沿う小盆地に位置し,近世から小出氏の城下町(→園部藩)や,山陰道と篠山街道の分岐点にあたる宿場町として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

園部
そのべ

京都府中央部、船井(ふない)郡にあった旧町名(園部町(ちょう))。現在は南丹(なんたん)市の南西端を占める一地区。1889年(明治22)町制施行。1929年(昭和4)園部町は桐ノ庄(きりのしょう)、園部の2村を編入、1951年川辺(かわべ)村を編入、1955年摩気(まけ)、西本梅(にしほんめ)の2村と合併。2006年(平成18)日吉(ひよし)、美山(みやま)、八木(やぎ)の3町と合併、市制施行して南丹市となる。丹波(たんば)高地に位置し山がちであるが、北東部には大堰(おおい)川が流れ、中央部をその支流の園部川が貫流し、流域には平地も開ける。JR山陰本線は町域の東部を通過し、また国道9号は観音(かんのん)峠を越えて京丹波(きょうたんば)町に入り、園部川に沿って走る府道は国道372号と合流して兵庫県篠山(ささやま)市に通じる。京都縦貫自動車道が国道9号と並んで通り、園部インターチェンジがある。また国道477号が9号と372号を連絡している。中心地区の園部は小出(こいで)氏2万9000石園部藩の城下町、また山陰街道の宿場町であった。江戸時代には園部から下流は園部川と大堰川の舟運により、筏(いかだ)を利用して米、薪炭(しんたん)などが京都に送られた。園部城は隅櫓(すみやぐら)、城門、城壁などを残す。室町時代前期の春日(かすが)神社本殿、鎌倉後期の様式を示す九品(くほん)寺の楼門などは国指定重要文化財。園部川上流の琉璃渓(るりけい)は国の名勝、府立自然公園に指定される景勝地。[織田武雄]
『『園部町史』(1975・園部町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

園部の関連キーワード京都府南丹市園部町小桜町日吉〈町〉京都府南丹市日吉町中京都府南丹市美山町北京都府南丹市美山町島京都府南丹市美山町下京都府南丹市美山町中京都府南丹市美山町原京都府南丹市美山町南京都府南丹市八木町鳥羽

園部の関連情報