割栗石(読み)ワリグリイシ

リフォーム用語集「割栗石」の解説

割栗石

建築物の基礎などに使う、12?15cmほどの砕石の事。基礎コンクリート地盤をつなぐために用いられる。頑丈な基礎を作るため、石の細長いほうをにして並べていき、さらにそのすき間を目つぶし砂利と呼ばれる砂利で埋めて、その上からコンクリートを打つことが多い。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

精選版 日本国語大辞典「割栗石」の解説

わりぐり‐いし【割栗石】

〘名〙 基礎工事や地盤の固めに用いる、あまり大きくない割石(わりいし)。わりぐり。〔日本建築辞彙(1906)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「割栗石」の解説

割栗石【わりぐりいし】

岩石玉石を割った直径10〜20cmの砕石。基礎工事の地盤改良などに利用。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android