コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地震防災対策強化地域 じしんぼうさいたいさくきょうかちいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地震防災対策強化地域
じしんぼうさいたいさくきょうかちいき

大規模な地震が発生した際,著しい地震災害が生ずるおそれがあるため,地震防災対策を強化する必要がある地域。大規模地震対策特別措置法に基づき,内閣総理大臣が指定もしくは解除する。1979年に東海地震(→東海地震モデル)を想定して静岡県,山梨県長野県神奈川県愛知県岐阜県の 6県にまたがる地域が指定された。その後の地震観測や研究の進展をうけ 2001~02年に中央防災会議で想定震源域の再検討が行なわれ,その内容をもとに,(1) 震度6弱以上(→震度),(2) 20分以内に高い津波が押し寄せるおそれがある,(3) 一体的な防災体制をとるべきである,とみられる地域について検討され,三重県や伊豆諸島の一部にまで拡大した。2008年4月現在,静岡県全域,東京都,神奈川県,山梨県,長野県,岐阜県,愛知県,三重県の 8都県にまたがる 170市町村が指定されている。地域内では地震観測・測量が強化され,地震防災応急計画の作成が義務づけられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

じしんぼうさいたいさくきょうかちいき【地震防災対策強化地域】

大規模地震対策特別措置法により指定された地域。地震の揺れや津波による大きな被害が予測されるため、防災体制の確保が必要とされる。強化地域。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

地震防災対策強化地域の関連キーワード地震防災対策強化地域判定会地震調査研究推進本部東海地震の予知地震予知連絡会地震予知情報警戒宣言強化地域中部地方地震予知判定会揺れ

地震防災対策強化地域の関連情報