コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂井虎山 さかい こざん

2件 の用語解説(坂井虎山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂井虎山 さかい-こざん

1798-1850 江戸時代後期の儒者。
寛政10年生まれ。安芸(あき)広島藩儒坂井東派の子。父や頼春水にまなび,文政8年藩学問所教授。天保(てんぽう)8年から江戸藩邸講学所教授。帰郷後は家塾百千堂をひらいた。嘉永(かえい)3年9月6日死去。53歳。名は華。字(あざな)は公実。通称は百太郎。別号に臥虎。著作に「杞憂(きゆう)策」「論語講義」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

坂井虎山

没年:嘉永3.9.6(1850.10.11)
生年:寛政10(1798)
江戸末期の儒学者。広島生まれ。名は華,字は公実,通称は百太郎。号は虎山または臥虎山人。門人が文成先生と諡した。祖父貞,父積ともに広島藩儒。幼くして藩学問所に学び,督学頼春水がその才能に期待した。長じて才学大いに進んだが,自ら足れりとせずますます刻苦研鑽した。頼山陽が京都より帰省した際,ともに文を論じて,17歳年少の虎山をほめたたえた。文政8(1825)年学問所教授に抜擢され,父祖の学職を襲った。名声はさらにあがり,入門者が多数訪れた。墓所は広島の本照寺。<著作>『杞憂策』『論語講義』『虎山詩文集』

(水田紀久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂井虎山の関連キーワード鈴木柳塘漢儒菅恥庵桐生朝陽久保筑水志賀理斎鈴木宜山平賀東巌門司東里由良箕山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone