杞憂(読み)キユウ

デジタル大辞泉の解説

き‐ゆう〔‐イウ〕【×杞憂】

《中国古代の杞の人が天が崩れ落ちてきはしないかと心配したという、「列子」天瑞の故事から》心配する必要のないことをあれこれ心配すること。取り越し苦労。杞人の憂え。「杞憂に終わる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゆう【杞憂】

( 名 ) スル
〔周代、杞の国の人が、天が落ちて来はしまいかと心配したという「列子天瑞」の故事による〕
あれこれと無用な心配をすること。取り越し苦労。杞人のうれい。 「 -にすぎない」 「深く政府の為に-する処なり/新聞雑誌 54

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杞憂
きゆう

無用の心配、取り越し苦労をいう。中国、周の時代の杞の国(現河南(かなん/ホーナン)省開封(かいほう/カイフォン)のあたり)に、いまにも天が崩れ落ちて、身の置きどころがなくなると心配し、寝食を忘れて憂えた人があり、この人を心配して、天が落ちてくることなどはないと、いろいろ説明して、ようやく納得させた人がいた、と伝える『列子』「天瑞篇(てんずいへん)」の故事による。「杞人の憂」ともいう。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐ゆう ‥イウ【杞憂】

〘名〙 (「杞」は中国古代の国名。その国の人が、天のくずれ落ちることを心配して寝食をとらなかったという「列子‐天瑞」の故事から) 必要のないことをあれこれ心配すること。無用の心配。とりこし苦労。〔漢語便覧(1871)〕
※条約改正論(1889)〈田口卯吉〉「先づ第一に此の如き杞を抱く方々は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

杞憂の関連情報