コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂倉万助 さかくら まんすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂倉万助 さかくら-まんすけ

?-1795 江戸時代中期-後期の陶工。
萩(はぎ)焼の祖である李勺光(り-しゃくこう)の孫の山村光俊に弟子入りした九郎右衛門の子孫で,山村家断絶のあと御用焼物師として長門(ながと)(山口県)萩藩につかえた。寛政7年7月15日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

坂倉万助の関連キーワードエッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府幽霊(亡霊)教養小説みなと銀行東平(とうなる)地区隠岐の古典相撲京都非公開文化財特別公開