コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂内直頼 さかうち なおより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂内直頼 さかうち-なおより

1644ごろ-1711ごろ 江戸時代前期の国学者。
正保(しょうほ)元年ごろの生まれ。京都の人。貞享(じょうきょう)2年諸国の神社の縁起などを問答形式で列挙した「本朝諸社一覧」(8巻)を刊行した。正徳(しょうとく)元年ごろ死去。享年68歳か。字(あざな)は雪庭。通称は葉山之隠士。号は山雲子,如是相。著作はほかに「九想詩諺解」「山城四季物語」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

坂内直頼の関連キーワード国学者正保

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android