コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂名井子縄麻呂 さかないの こつなまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂名井子縄麻呂 さかないの-こつなまろ

?-? 平安時代前期の農民。
信濃(しなの)(長野県)の人。仁和(にんな)元年(885)辛犬甘秋子(からいぬかいの-あきこ)の家人8人を殺害したとして,勅使に尋問され捕らえられる。この事件で国守橘良基(たちばなの-よしもと)は,子縄麻呂の言い分のみをきいて秋子らを捕らえ,負傷させたことがわかり,譴責(けんせき)をうけた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

坂名井子縄麻呂の関連キーワード大原経佐信濃農民

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android