坂東彦三郎(8代)(読み)ばんどう ひこさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂東彦三郎(8代) ばんどう-ひこさぶろう

1943- 昭和後期-平成時代の歌舞伎役者。
昭和18年3月31日生まれ。17代市村羽左衛門の長男。昭和25年4代坂東亀三郎を名のって「寺子屋」で初舞台。30年映画「路傍の石」に吾一役で出演。8代坂東薪水,2代坂東亀蔵をへて,55年8代を襲名した。東京出身。暁星学園高卒。本名は輝彦。屋号音羽屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android