コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂田兵四郎(初代) さかた・ひょうしろう

1件 の用語解説(坂田兵四郎(初代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

坂田兵四郎(初代)

没年:寛延2.6.11(1749.7.24)
生年:元禄15(1702)
江戸中期の長唄唄方。名は「へいしろう」とも。歌舞伎役者の初代坂田藤十郎の甥。京都出身で小歌の名人といわれた。享保15(1730)年に江戸に下り,翌年には上方唄に起源を持つ「無間の鐘」を演奏して好評を得る。上方風のしんみりとした情緒を江戸の長唄界に吹きこんだ人物として知られる。

(長葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂田兵四郎(初代)の関連キーワード岡安喜三郎(初代)木村源次郎湖出金四郎(初代)坂田仙四郎(初代)坂田仙四郎(3代)坂田仙四郎(4代)坂田兵四郎早川新勝松川仁平次松永鉄五郎(2代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone