コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂田兵四郎(初代) さかた・ひょうしろう

1件 の用語解説(坂田兵四郎(初代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

坂田兵四郎(初代)

没年:寛延2.6.11(1749.7.24)
生年:元禄15(1702)
江戸中期の長唄唄方。名は「へいしろう」とも。歌舞伎役者の初代坂田藤十郎の甥。京都出身で小歌の名人といわれた。享保15(1730)年に江戸に下り,翌年には上方唄に起源を持つ「無間の鐘」を演奏して好評を得る。上方風のしんみりとした情緒を江戸の長唄界に吹きこんだ人物として知られる。

(長葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

坂田兵四郎(初代)の関連キーワード信達騒動信達一揆吉田藩(三河国)博多あまおう大塚家具アペール大田南畝お園六三遠羅天釜グリーンパーク

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone