コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸山権太左衛門 マルヤマゴンダザエモン

2件 の用語解説(丸山権太左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まるやま‐ごんだざえもん〔‐ゴンダザヱモン〕【丸山権太左衛門】

[1713~1749]江戸中期の力士。第3代横綱とされる。陸奥(むつ)の人。寛延2年(1749)長崎巡業中に死去。→第2代横綱綾川 →第4代横綱谷風

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸山権太左衛門 まるやま-ごんたざえもん

1713-1749 江戸時代中期の力士。
正徳(しょうとく)3年生まれ。享保(きょうほう)17年大関として番付にのり,寛延2年3代横綱になったという。同年11月14日長崎巡業中に死去。37歳。陸奥(むつ)遠田郡(宮城県)中津山出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

丸山権太左衛門の関連キーワード助六科学史信達騒動信達一揆吉田藩(三河国)狩野常信采覧異言ジブラルタルディドロ日本新永代蔵

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone