坂田市太郎(読み)さかた いちたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂田市太郎 さかた-いちたろう

?-? 江戸時代中期の歌舞伎役者。
2代坂田藤十郎の養子とも,初代坂田半五郎の門人ともいう。享保(きょうほう)12年(1727)京都から江戸にうつり,翌年中村座に出演。のち若女方として活躍。元文5年京都にもどり,寛保(かんぽう)元年から亀屋粂之丞(くめのじょう)座などの座本をつとめる。延享元年大坂嵐座に出演,4年同座で立役(たちやく)に転じた。俳名朝章

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android