コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂越 さこし

1件 の用語解説(坂越の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂越
さこし

兵庫県南西部,赤穂市南東部の坂越湾にのぞむ集落。旧町名。 1951年赤穂町ほかと合体して赤穂市となる。古くから瀬戸内海の港町として発達。沖合い 330mの生島は周囲約 1.6kmの小島ながらアラカシアリドオシなど 120種に上る暖帯性広葉樹林の密生地で天然記念物に指定 (1924) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

坂越の関連情報