コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

均輸・平準法 きんゆ・へいじゅんほう Jun-shu ping-zhun-fa; Chün-shu ping-chun-fa

1件 の用語解説(均輸・平準法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

均輸・平準法
きんゆ・へいじゅんほう
Jun-shu ping-zhun-fa; Chün-shu ping-chun-fa

中国,前漢の武帝時代に施行された経済政策。武帝は外征による財政不足を補い,経済力の集中と国力の強化をはかるために桑弘羊 (そうくよう) を登用して,一連の新政策を実施。郡国各地に均輸官をおき,人民に強制して布帛などをつくらせてこれを輸納させ (均輸法) ,輸送された物資を大司農属下の平準庫に独占貯蔵し,物価が高くなれば売出し,安くなれば買入れて物価の安定調整をはかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

均輸・平準法の関連キーワード海禁公羊学新楽府漢武衛綰改革開放施行期日売爵令EPI

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone