コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

均輸・平準法 きんゆ・へいじゅんほうJun-shu ping-zhun-fa; Chün-shu ping-chun-fa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

均輸・平準法
きんゆ・へいじゅんほう
Jun-shu ping-zhun-fa; Chün-shu ping-chun-fa

中国,前漢の武帝時代に施行された経済政策。武帝は外征による財政不足を補い,経済力の集中と国力の強化をはかるために桑弘羊 (そうくよう) を登用して,一連の新政策を実施。郡国各地に均輸官をおき,人民に強制して布帛などをつくらせてこれを輸納させ (均輸法) ,輸送された物資を大司農属下の平準庫に独占貯蔵し,物価が高くなれば売出し,安くなれば買入れて物価の安定調整をはかった。これは重農抑商主義に基づく政策であったが,昭帝の時代にはこれに反対する賢良,文学と桑弘羊らとの間に大論争が行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

均輸・平準法の関連キーワード武帝[前漢]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android