コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

均輸法 きんゆほう Jun-shu-fa; Chün-shu-fa

5件 の用語解説(均輸法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

均輸法
きんゆほう
Jun-shu-fa; Chün-shu-fa

中国,北宋の煕寧2 (1069) 年王安石が最初に実施した新法。南東地方から運ばれていた物資が,長年の間に種類,数量ともに固定し,政府の需要と合致しなくなり,商人は,政府の必需品を高い代価で納入し,不要品は安く払下げを受けて不当な利を得,政府の収支は不均衡となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きんゆ‐ほう〔‐ハフ〕【均輸法】

中国、武帝が始めた経済政策の一。各地方の特産物を税として納めさせ、政府が不足地に転売する物価調整法。→平準法
代、王安石新法の一。政府が必要物資を直接調達・輸送し、商人の中間搾取を排除するもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きんゆほう【均輸法 Jūn shū fǎ】

中国,漢代と宋代に行われた経済政策。いずれも,各地の生産物の円滑な流通,大商人による投機的利益独占排除を目的としている。漢代のそれは武帝の前115年(元鼎2),桑弘羊らの手で郡国に均輸官が置かれ,各地の産物を官が運搬販売した。宋のそれは1069年(熙寧2)王安石の新法一つとして実施された。揚州の発運司という役所が中心となり,江南から国都開封に送る商品を調節し,全国の商品流通の合理化をめざしたが,必ずしも成功しなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きんゆほう【均輸法】

中国、前漢の武帝がとった経済政策の一。各地の特産物を賦税として納めさせ、不足地に転売して地域的な物価平均と財政難の打開を目的とした。 → 平準法
中国、宋の王安石の新法の一。中央政府で必要とする物資を、商人を介さず直接民間より買い上げる政策。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

均輸法
きんゆほう

中国、前漢の武帝時代の経済財政政策。財貨の円滑な流通を目的とし、桑弘羊(そうこうよう)の立案と指導により、紀元前115年から部分的に施行され、前110年から全面実施となった。地方の郡県に均輸官を置き、中央には大司農(だいしのう)に均輸令を長官とする均輸があった。商品価値のある地方の特産物を賦税にかえて納入させ、国家はこれを他の地方に転売して物価の調整を実現し、その利益は国庫の収入となる制度という理解が古典的解釈である。しかしこの解釈には疑問もあって、均輸法の機能を尽くしているとはいえない。均輸には賦税の運輸の負担を均平にする意味があったと考えられ、また均輸法の実際の運営では布帛(ふはく)の強制的賦課とその均輸官への大量の集積があった事実が認められ、制度の機能と運営の実体については不明の点が多い。[影山 剛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

均輸法の関連キーワード中央中里中田中野中山町中根中台中尾ひょうど中町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone