コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昭帝 しょうてい Zhāo dì

1件 の用語解説(昭帝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうてい【昭帝 Zhāo dì】

前94‐前74
中国,前代の皇帝劉弗陵。在位,前87‐前74年。武帝の少子(第6子)。8歳で即位し,外戚の霍光(かくこう)が武帝の遺詔を受けて補佐した。武帝の外征により国家財政の窮乏と人民の疲弊を招いたので,賦役を軽減して民力の回復を図った。とりわけ,民間から賢良文学の士を挙げて,御史大夫桑弘羊と塩鉄や酒酤(しゆこ)の専売制度および平準均輸法の当否を議論させ,酒酤の専売を廃止した(《塩鉄論》)。北辺には屯田を設けて民などを徙(うつ)し,匈奴や烏桓(うがん)の防備に当たらせた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

昭帝の関連キーワード塩鉄論呼韓邪単于始皇帝寿陵前漢劉邦西域都護府武帝文帝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

昭帝の関連情報