コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昭帝 しょうていZhāo dì

世界大百科事典 第2版の解説

しょうてい【昭帝 Zhāo dì】

前94‐前74
中国,前代の皇帝劉弗陵。在位,前87‐前74年。武帝の少子(第6子)。8歳で即位し,外戚霍光(かくこう)が武帝の遺詔を受けて補佐した。武帝の外征により国家財政の窮乏と人民の疲弊を招いたので,賦役を軽減して民力の回復を図った。とりわけ,民間から賢良文学の士を挙げて,御史大夫桑弘羊と塩鉄や酒酤(しゆこ)の専売制度および平準均輸法の当否を議論させ,酒酤の専売を廃止した(《塩鉄論》)。北辺には屯田を設けて民などを徙(うつ)し,匈奴や烏桓(うがん)の防備に当たらせた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

昭帝の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)武帝(中国、前漢)漢の時代(年表)歴代帝王図巻均輸・平準法宣帝[前漢]朝鮮四郡平準法漢帝陵帝王図宣帝管子桓寛蔵鉤臨屯蘇武雁書

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android