コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賢良 ケンリョウ

デジタル大辞泉の解説

けん‐りょう〔‐リヤウ〕【賢良】

[名・形動]
賢くて善良なこと。また、そういう人や、そのさま。
「聖明の君と―の士と柔順なる民と」〈福沢学問のすゝめ
昔、中国で行われた官吏登用試験の科目名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんりょう【賢良】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
賢くて善良なこと。また、その人やさま。 「君主宰臣の-なりしを/日本開化小史 卯吉
中国漢代、官吏登用試験の科目の名。また、それに推挙された才学のある者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

賢良の関連キーワード桂林の一枝,崑山の片玉賢良・方正・文学漢の時代(年表)日本開化小史昭帝[前漢]均輸・平準法己卯の士禍二八の臣黄巾の乱桑弘羊東方朔太平道陶じゅ公孫弘李方膺董仲舒趙光祖塩鉄論三行聖明

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android