コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坊主小兵衛 ぼうず こへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坊主小兵衛 ぼうず-こへえ

?-? 江戸時代前期の歌舞伎役者。
道外方(どうけがた)の名人として江戸で活躍。糸鬢(いとびん)にした頭が坊主頭にみえたのでこの名がある。貞享(じょうきょう)5年(1688)中村座「奴朝比奈大磯通」の供奴(ともやつこ)で人気をあつめた。その姿を五月節句の兜(かぶと)人形につくった小兵衛人形は役者人形のはじめという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

坊主小兵衛

生年:生没年不詳
初期歌舞伎の道外形の歌舞伎役者。月代を左右深く剃り下げる糸鬢という髪型にしていたので,この名が付いた。この風貌が人々に親しまれたようで,のちにこれを真似て坊主段九郎,坊主百兵衛,小坊主などと名乗って糸鬢で道外六法をした役者もあったが,小兵衛ほどの人気を得ることはできなかった。また歌舞伎役者に似せた五月人形を作ることはこの人に始まり,その後多くの役者人形が作られたという。歌舞伎の評判記が出る以前の役者なので,芸風経歴など詳しいことはわかっていない。山東京伝が『近世奇跡考』に「小兵衛人形」の項目を立て,若干の考察を加えている。<参考文献>『歌舞伎評判記集成』1期

(北川博子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

坊主小兵衛の関連キーワード道外方

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android