コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸鬢 イトビン

2件 の用語解説(糸鬢の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いと‐びん【糸×鬢】

近世、男性の髪形の一。月代(さかやき)を広く左右に剃り下げ、鬢を細く糸のように残して、髷(まげ)を頭の後方に低く結ったもの。また、それを結った人。中間(ちゅうげん)・侠客などに好まれた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いとびん【糸鬢】

元禄(1688~1704)の頃流行した男子の髪形。月代さかやきを左右および後方へ広く剃り下げて、両鬢を細く狭く糸のように残したもの。また、その結い方をした人。役者・小者・俠客などの間に行われた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone