垓下の戦(読み)がいかのたたかい

世界大百科事典 第2版の解説

がいかのたたかい【垓下の戦】

中国,前202年に劉邦(高祖)と楚の項羽の間におこなわれた決戦を言う。垓下Gāi xiàは現在の安徽省霊璧県の地である。初戦では漢軍が敗北し,二戦では楚兵が大敗する。四周を漢軍に包囲され,四面みな楚するを聞いた項羽は,楚地がすべて漢軍についたと思い,最期と観念した。〈垓下の歌〉を作り,天に見放された不運を嘆き,愛馬の騅(すい)と虞美人(ぐびじん)の行く末を案じたあと,奮戦してみずから命を絶った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android