垓下(読み)がいか(英語表記)Gai-xia; Kai-hsia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「垓下」の解説

垓下
がいか
Gai-xia; Kai-hsia

中国安徽省にある古戦場の滅亡後,西の覇王と称した項羽に対して劉邦 (→高祖) が反抗し,楚漢の争いが起った。最初優勢であった項羽も次第に劉邦に圧迫され,前 202年,ついにこの地で囲まれた。四面楚歌の声を聞いて,漢が故郷の楚を征服してしまったと思い,愛姫虞美人 (ぐびじん) に別れを告げて,最後の決戦を挑んだが大敗した。これを垓下の戦いという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「垓下」の解説

がいか【垓下】

中国、安徽省霊壁県東南の地。楚の項羽が劉邦(漢の高祖)のに囲まれ、敗れたところ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の垓下の言及

【垓下の戦】より

…中国,前202年に漢の劉邦(高祖)と楚の項羽の間におこなわれた決戦を言う。垓下Gāi xiàは現在の安徽省霊璧県の地である。初戦では漢軍が敗北し,二戦では楚兵が大敗する。…

※「垓下」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android