コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垣花善 かきのはな ぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

垣花善 かきのはな-ぜん

1876-1924 明治時代の漁師。
尚泰王29年生まれ。沖縄県宮古島の人。日露戦争中の明治38年5月,沖合い航行中のバルチック艦隊を発見した島民の知らせをうけ,宮古島久松から電信施設のある石垣島へ他の漁師4人と刳舟(くりふね)で急行,大本営に通報した。すでに連合艦隊が発見した後だったが,のちに5人は「久松五勇士」として表彰された。大正13年10月26日死去。49歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

垣花善の関連キーワード明治時代尚泰王

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android