コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埃茸 ホコリタケ

デジタル大辞泉の解説

ほこり‐たけ【××茸】

ホコリタケ科のキノコ。夏から秋に山野の地上に生える。宝珠形で、初め白いがのち淡灰褐色になる。熟すと頂に穴が開いてほこりのように胞子が噴き出す。若いものは食用。きつねのちゃぶくろ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほこりたけ【埃茸】

担子菌類腹菌目のきのこ。山野の地上に群生。中空の擬宝珠形で、内壁面に胞子をつけ、熟すと頂上に穴があいて埃のように胞子を出す。幼時は食用。キツネノチャブクロ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

埃茸 (ホコリタケ)

植物。ホコリタケ科の腹菌類,薬用植物。オニフスベの別称

埃茸 (ホコリタケ)

学名:Lycoperdon perlatum
植物。ホコリタケ科のキノコ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

埃茸の関連キーワードキツネノチャブクロ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android