コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城下鰈 シロシタガレイ

大辞林 第三版の解説

しろしたがれい【城下鰈】

〔別府湾北岸にあった日出ひじ城下の海域一帯で獲れるものが著名なのでいう〕
マコガレイの異名。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

城下鰈[水産]
しろしたがれい

九州・沖縄地方、大分県の地域ブランド。
速見郡日出町で水揚げされている。別府湾の城下海岸の海中で真水の湧くところがあり、その海底で育ったマコガレイ。一般のマコガレイに比べて肉厚で、尾ひれが広く角張っておらず、泥臭くないのが特徴。初夏に旬を迎える。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

城下鰈の関連キーワードマコガレイ(真子鰈)真子鰈異名

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android