コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真水/素水 サミズ

3件 の用語解説(真水/素水の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さ‐みず〔‐みづ〕【真水/素水】

混じりけのない水。まみず。
「―で洗ふがよい」〈伎・利生深川〉

ま‐みず〔‐みづ〕【真水】

塩分などのまじらない水。淡水。さみず。
国の経済対策のうち、政府が直接負担する財政支出のこと。公共投資・減税など、同年度の経済成長率を直接押し上げる要素となるものを指す。真水ベースで対国内総生産GDP)何パーセントの経済対策などと表す。→事業規模
大部分が直接企業の収益となる売上。また、現金のこと。
[補説]2で、中小企業の資金繰り支援などの経済対策は、実際に支出されるかどうかわからないので全額は真水に含めない。公共事業のうち用地取得費などは新たな付加価値を生み出さないので真水に含めない。また、減税の場合、貯蓄に回る分は真水とはいえないとされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まみず【真水】

塩分などのまじらない水。淡水。
転じて、政府が景気対策のために投じる公共事業費のうち、その年度に実際に支出されて、 GNP 拡大に寄与する部分を俗にいう語。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真水/素水の関連キーワード気違い水誘い水使い水交じらふ貰い水頭虱えい水差し交じらふ交じらひ淡水之交

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone