別府湾(読み)べっぷわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

別府湾
べっぷわん

大分県中部,国東半島佐賀関半島に囲まれるハスの開花の形に似ていることから,かんたん (ハスの花を表わす古語) 湾の別名がある。東西に延びたU字形の地溝帯とされるが,カルデラ湾の説もある。南岸大分川大野川が流入し,河口には三角州が形成されている。 1957年頃から2つの河口間の大分市鶴崎地区の埋立て地に大規模な大分臨海工業地域の造成が開始された。瓜生 (うりう) 島,久光島という2島が慶長5 (1600) 年の地震で没したと伝えられるが,現在湾内に島はなく,水深約 50mで,大型船の出入りが容易である。湾奥別府港は観光港,南岸の大分港工業港としての性格が強い。沿岸に住吉浜,田ノ浦,日吉原などの海水浴場や糸ヶ浜,大在などのキャンプ場がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

べっぷわん【別府湾】

大分県中部,国東(くにさき)半島と佐賀関(さがのせき)半島にはさまれた湾。ハスの花に似たU字形であることから萏(かんたん)湾の別名をもつ。成因は,北側の鹿鳴越(かなごえ)断層と南側の朝見断層の二つの断層線にはさまれた地溝帯とするのが一般的であるが,カルデラ湾とする説もある。湾北西隅の日出(ひじ)湾付近以外は沿岸近くまで水深が深く,中央部では約60m内外である。北部の杵築市守江湾付近ではアマノリの養殖が盛んである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

べっぷわん【別府湾】

大分県中部、国東くにさき半島と佐賀関さがのせき半島の間にある湾。湾岸に大分市・別府市がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕別府湾(べっぷわん)


大分県東部、国東(くにさき)半島と佐賀関(さがのせき)半島に囲まれた湾。海上保安庁『水路誌』では大分川河口と対岸の日出(ひじ)町深江(ふかえ)の灯籠鼻(とうろうばな)を結ぶ線を湾口とする。中央構造線の北側沿いに深く湾入し、水深60~70m線が岸近くに達する。湾奥に重要港湾の大分港・別府港がある。別府港には瀬戸内海航路の定期客船・フェリーが発着。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

別府湾
べっぷわん

大分県東部、国東(くにさき)・佐賀関(さがのせき)両半島に囲まれる湾。その名は湾奥の別府温泉によるが、別名の(かんたん)湾は室町末期、この地に遊んだ明(みん)人阮林(げんりん)の命名で、ハスの花が開きかかった形を意味する。原形は東西方向の地溝帯、あるいはカルデラといわれ、東部が陥没、西部に火山が噴出して、U字形の湾ができたと考えられている。水深は中央部で50メートル前後、高崎山の下では70メートルを超える。島はないが、大分・別府沖にあった瓜生(うりう)島・久光(ひさみつ)島が慶長(けいちょう)の地震で海没したとの伝説がある。イワシ、タイ、カレイ、クルマエビなどの漁獲がある。南岸の大野川、大分川などのデルタに県都大分市があり、遠浅を埋め立てて臨海工業地帯が造成され、大分港は鉄鉱石・石油の輸入、東端の佐賀関港は銅鉱の輸入が多く、西岸の別府港は客船の出入りが多い。北岸には杵築(きつき)・日出(ひじ)の旧城下町がある。[兼子俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

べっぷ‐わん【別府湾】

大分県東部の湾。国東・佐賀関の両半島の間にある。イワシ・タイ・カレイなどの漁獲が多く、遠浅の大野川と大分川河口付近は埋立地となり、石油精製石油化学鉄鋼・電力などの工業が立地。菡萏(かんたん)湾。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

別府湾の関連情報