コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別府湾 べっぷわん

6件 の用語解説(別府湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

別府湾
べっぷわん

大分県中部,国東半島佐賀関半島に囲まれる湾。ハスの開花の形に似ていることから,かんたん (ハスの花を表わす古語) 湾の別名がある。東西に延びたU字形の地溝帯とされるが,カルデラ湾の説もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

べっぷ‐わん【別府湾】

大分県、国東(くにさき)佐賀関(さがのせき)両半島に囲まれる湾。湾奥に別府市があり、南岸は大分市臨海工業地帯。菡萏(かんたん)湾。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

べっぷわん【別府湾】

大分県中部,国東(くにさき)半島と佐賀関(さがのせき)半島にはさまれた湾。ハスの花に似たU字形であることから萏(かんたん)湾の別名をもつ。成因は,北側の鹿鳴越(かなごえ)断層と南側の朝見断層の二つの断層線にはさまれた地溝帯とするのが一般的であるが,カルデラ湾とする説もある。湾北西隅の日出(ひじ)湾付近以外は沿岸近くまで水深が深く,中央部では約60m内外である。北部の杵築市守江湾付近ではアマノリの養殖が盛んである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

べっぷわん【別府湾】

大分県中部、国東くにさき半島と佐賀関さがのせき半島の間にある湾。湾岸に大分市・別府市がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕別府湾(べっぷわん)


大分県東部、国東(くにさき)半島と佐賀関(さがのせき)半島に囲まれた湾。海上保安庁『水路誌』では大分川河口と対岸の日出(ひじ)町深江(ふかえ)の灯籠鼻(とうろうばな)を結ぶ線を湾口とする。中央構造線の北側沿いに深く湾入し、水深60~70m線が岸近くに達する。湾奥に重要港湾の大分港・別府港がある。別府港には瀬戸内海航路の定期客船・フェリーが発着。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

別府湾
べっぷわん

大分県東部、国東(くにさき)・佐賀関(さがのせき)両半島に囲まれる湾。その名は湾奥の別府温泉によるが、別名の(かんたん)湾は室町末期、この地に遊んだ明(みん)人阮林(げんりん)の命名で、ハスの花が開きかかった形を意味する。原形は東西方向の地溝帯、あるいはカルデラといわれ、東部が陥没、西部に火山が噴出して、U字形の湾ができたと考えられている。水深は中央部で50メートル前後、高崎山の下では70メートルを超える。島はないが、大分・別府沖にあった瓜生(うりう)島・久光(ひさみつ)島が慶長(けいちょう)の地震で海没したとの伝説がある。イワシ、タイ、カレイ、クルマエビなどの漁獲がある。南岸の大野川、大分川などのデルタに県都大分市があり、遠浅を埋め立てて臨海工業地帯が造成され、大分港は鉄鉱石・石油の輸入、東端の佐賀関港は銅鉱の輸入が多く、西岸の別府港は客船の出入りが多い。北岸には杵築(きつき)・日出(ひじ)の旧城下町がある。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

別府湾の関連情報