コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真子鰈 マコガレイ

2件 の用語解説(真子鰈の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まこ‐がれい〔‐がれひ〕【真子×鰈】

カレイ科の海水魚。全長約35センチマガレイに似るが、両眼の間にうろこがあり、有眼側は茶褐色不明瞭な斑紋が散在し、無眼側は一様に白い。南日本に多く、美味。東京でマコ、関西でマガレイ、大分県日出(ひじ)町では城下鰈(しろしたがれい)とよぶ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まこがれい【真子鰈】

カレイ目の海魚。全長約30センチメートル。体は扁平で楕円形、口が小さく、両眼は右側にある。マガレイに似るが、有眼側が茶褐色、無眼側は白色で淡黄色の縦帯がない。北海道南部から東シナ海にかけて分布。マコ。アマテ。モガレイ。シロシタガレイ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone