コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城多董 きた ただす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

城多董 きた-ただす

1832-1891 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家,官吏。
天保(てんぽう)3年2月22日生まれ。生家は近江(おうみ)(滋賀県)の農家。水口(みなくち)藩士中村栗園(りつえん),中村確堂父子に師事し運動に参加。慶応3年有栖川宮(ありすがわのみや)家の近侍となり,戊辰(ぼしん)戦争では会計事務をとる。維新後は元老院少書記官。明治24年10月3日死去。60歳。通称は善兵衛。号は耐軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

城多董の関連キーワード明治時代城多虎雄運動家官吏尊攘

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android