コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水口 みなくち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水口
みなくち

滋賀県南部,甲賀市中北部の旧町域。野洲川杣川(そまがわ)の合流点付近に広がる。1894年町制。1955年貴生川町,伴谷村,柏木村の 1町 2村と合体。2004年土山町,甲賀町,甲南町,信楽町と合体して甲賀市となった。中心地区の水は,江戸時代は東海道宿場町加藤氏城下町として発展。今日では甲賀地方の行政,商業の中心地で,1960年代に電機部品,化学などの工場が進出。1973年水口丘陵工業団地が建設された。農村部では近江茶,かんぴょうを産し,檜皮(ひわだ)細工は特産。水口城跡のほか,大岡寺,八坂神社などがあり,大池寺は庭園で有名。一部は三上・田上・信楽県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みず‐ぐち〔みづ‐〕【水口】

《「みずくち」とも》
水を引き入れたり、放出したりする口。みなくち。
台所の水をくみ入れるための口。また、台所。
「―のガラス戸に、日ざしがくっきりと」〈万太郎露芝

み‐な‐くち【水口】

《「な」は「の」の意の格助詞》田に水を引き入れる口。みずぐち。

みなくち【水口】

滋賀県南東部、甲賀(こうか)市の地名近世は加藤氏の城下町、東海道の宿場町。住宅地・工業地化が進む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みずぐち【水口】

水を落とし込む口。また、水を出す口。
台所の水をくみ入れる口。また、台所。

みなくち【水口】

川から田へ引く水の入り口。みずぐち。

みなくち【水口】

滋賀県南東部、甲賀市の地名。近世、加藤氏の城下町、東海道の宿駅。野洲川中流域に位置し、化学・機械工業が立地。茶の産地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水口
みなくち

滋賀県南部、甲賀(こうか)郡にあった旧町名(水口町(ちょう))。現、甲賀市の一地区。1894年(明治27)町制施行。1955年(昭和30)貴生川(きぶかわ)町と伴谷(ばんだに)、柏木(かしわぎ)の2村を合併。2004年(平成16)土山(つちやま)町、甲賀(こうか)町、甲南(こうなん)町、信楽(しがらき)町と合併、甲賀市となる。旧町域は、野洲(やす)川中流域の段丘に位置している。中心地区は、近世は加藤氏2万5000石の城下町、また東海道の宿場町として繁栄した。現在も3筋の道路からなる紡錘形の特殊な町並みをしている。JR草津線、信楽高原鐵道、近江(おうみ)鉄道本線や国道1号、307号などが通じる。近江米、チャ栽培などの農業が主体であったが、近年は各種の工業の進出や住宅地化が著しい。水口茶、水口かんぴょうが名産。八坂(やさか)神社本殿など国指定重要文化財が多い。水口城跡および水口城資料館、庭園が有名な大池(だいち)寺、甲賀市水口歴史民俗資料館、総合運動施設「水口スポーツの森」などがある。[高橋誠一]
『『水口町志』上下(1960・水口町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の水口の言及

【水口祭】より

…稲作儀礼の一つで,一年の豊作を祈願して苗代(なわしろ)に種もみをまいた日に水口で行う。水口は水田への水の取入口で,ここに土を盛り季節の花や木の小枝を立てて焼米を供える。…

※「水口」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水口の関連キーワード滋賀県甲賀市水口町本町滋賀県甲賀市水口町本丸滋賀県甲賀市水口町水口滋賀県甲賀市水口町中邸グースネック混合栓水口祭り・水口祭水口かんぴょう柿田川湧水群青木 亮貫水口[町]ガーゴイル水口ギセル道後ビール甲賀[市]加藤 明実水口細工仁喜多津金沢清水甲賀三郎伏見貞宗

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水口の関連情報