コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城輪柵 きのわのさく

日本の城がわかる事典の解説

きのわのさく【城輪柵】

山形県酒田市にあった古代の城柵。国指定史跡。奈良時代末期に秋田城(秋田市)から移転した出羽国府が置かれた城柵ではないかといわれている。庄内平野北部の荒瀬川の扇状地にあり、発掘調査の結果、一辺約720mの築地塀の正方形の外郭内部に、築地などに囲まれた政庁があったことがわかっている。外郭の四辺中央には門が設けられ、政庁のある中心部に向かって大路がつくられていた。1984年(昭和59)の整備事業で政庁南門、東門、築地塀などが復元され一般公開されている。JR羽越本線酒田駅からバスで約20分。庄内空港からは車で約20分。◇「きのわのき」ともいう。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

城輪柵の関連キーワード城(軍事的構築物)山形県酒田市城輪山形県酒田市酒田[市]酒田(市)払田柵遺跡堂の前遺跡城輪柵跡出羽柵柵址

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android