コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田城 あきたじょう

8件 の用語解説(秋田城の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋田城
あきたじょう

出羽国秋田郡高清水岡 (秋田市寺内) にあった古代の城柵 (→ ) 。蝦夷鎮撫のため,天平5 (733) 年 12月,出羽柵を北進させて設置。天平宝字5 (761) 年,城となり秋田城と称したという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

秋田城

日本最北の古代城柵とされる。創建は733年。古代律令国家が、蝦夷(えみし)を支配するために設けた行政、軍事、外交の拠点施設とされる。39年に国指定史跡となった。秋田市の千秋公園一帯にあった佐竹氏の居城「秋田城」(久保田城)は、近世に築城された。

(2006-11-01 朝日新聞 朝刊 秋田全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あきた‐じょう〔‐ジヤウ〕【秋田城】

秋田市寺内にあった古代の城。出羽柵(でわのさく)を移して天平5年(733)設置。以後、平安時代に至るまで東北経営の拠点となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

秋田城【あきたじょう】

(1)古代の東北経営の一拠点。733年高清水(たかしみず)に出羽柵(でわのさく)が移されたが,これが城の前身と考えられる。8世紀末改修。城跡は秋田市の高清水公園
→関連項目秋田[県]秋田[市]漆紙文書雄勝城古四王神社出羽国俘囚

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あきたじょう【秋田城】

古代出羽国の北半に置かれた城柵。《続日本紀》によると733年(天平5)に,それまでおそらく庄内地方にあったと思われる出羽柵が,秋田村高清水岡に遷置されている。それが秋田城の前身と考えられているが直ちに秋田城となったかどうかは判然とせず,秋田城の厳密な創建年代はわからない。760年(天平宝字4)丸部足人解状に〈阿支太城〉とあり,また804年(延暦23)の出羽国の奏言〈秋田城建置以来四十余年〉とあわせ考えると,天平宝字年間(757‐765)には,秋田城が築造されていたことが知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あきたじょう【秋田城】

古代、東北経営のために築かれた城柵じようさく。城跡は秋田市寺内にある。蝦夷えぞ地経営の拡大とともに、733年出羽柵でわのさくを今の庄内地方からこの地に進めたのが起源。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の城がわかる事典の解説

あきたじょう【秋田城】

秋田県秋田市寺内大畑にあった奈良時代から平安時代にかけての古代の城柵。国指定史跡。大和政権は8世紀初めに、今日の山形県庄内地方に出羽柵(でわのさく)という出羽経営の政治・軍事拠点を設けた。この前後に大和政権の勢力圏は今日の秋田県中央部に北上したため、それに伴い、733年(天平5)に出羽柵を現在の秋田市に移設した(『続日本紀(しょくにほんぎ)』による)。この秋田の城柵は760年(天平宝宇4)には秋田城と呼ばれていたことが文献で確認されている。秋田城は一辺が約550mのいびつな方形をしており、基底幅2.1m、高さ3mの築地塀に囲まれ、その内部には東西94m、南北77mの政庁の建物があった。このころ、渤海(ぼっかい)の使節がたびたび出羽を訪れているが、近年、その応接は秋田城の重要な役目だったのではないかといわれ始めている。実際、城跡からは迎賓館らしき建物跡が出土している。秋田城には国府が置かれていたが、9世紀に入ると蝦夷(えみし)の攻撃がしだいに激しくなり、804年(延暦23)には秋田郡へと降格した。これは秋田城の国府としての機能がよそに移ったことを示すものである。秋田城には国司に代わり、国司に次ぐポストの秋田城介(あきたじょうのすけ)が常駐し、軍事拠点としての色合いを濃くしていった。878年(元慶2)に始まった元慶の乱、939年(天慶2)の天慶の乱など、たびたび俘囚(朝廷の支配を受け入れた蝦夷)の大規模な攻撃を受け、一時的に占領されたこともあった。秋田城は11世紀ごろの文献にも登場するので、そのころまで存続していたことがわかっているが、1050年前後の前九年の役を境に衰退していったと考えられている。現在、秋田城跡は高清水公園になっており、園内に秋田城の東門や築地塀の一部が復元されている。JR秋田駅からバス約20分で護国神社入口下車、徒歩約7分。◇「あきたのき」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋田城
あきたじょう

秋田市寺内(てらうち)高清水(たかしみず)丘陵にあった、奈良・平安時代の城柵(じょうさく)。遺跡は1939年(昭和14)国の史跡に指定。733年(天平5)庄内(しょうない)平野から北進した出羽柵(いではのき)の後身で、出羽(でわ)国北部における政治、軍事の拠点。古代に秋田河といった雄物(おもの)川の河口部北岸にあたり、海路、内水路交通の便がある。遺跡の秋田城跡からは、天平(てんぴょう)6年(734)10月の紀年銘のある木簡(もっかん)も出土している。城名の初見は、『正倉院文書』では760年(天平宝字4)3月の「丸部足人解(わにべのたるひとのげ)」に「阿支太(あきた)城米」とあるもので、『続日本紀(しょくにほんぎ)』では780年(宝亀11)である。『日本後紀』延暦(えんりゃく)23年(804)11月条に「秋田城建置以来四十余年」とあり、天平宝字(ほうじ)年間(757~765)に秋田出羽柵が整備増強され城になったことが知られる。759年(天平宝字3)陸奥出羽按察使(むつでわあぜち)藤原恵美朝猟(えみのあさかり)が出羽雄勝(おかち)城と陸奥桃生(ものう)城を築営する際、一連の建設をしたものと推定できる。築城当時は出羽国府があったが、775年(宝亀6)政情不穏になり、国府は庄内に後退した。780年秋田城放棄論さえ出たが、鎮狄(ちんてき)将軍安倍家麻呂(あべのいえまろ)の判断により存続。878年(元慶2)の俘囚(ふしゅう)の乱では城内官舎、城櫓が多数破壊されたが、ただちに復興。秋田城介(あきたじょうのすけ)制のもと長く維持された。[新野直吉]
『新野直吉著『古代史上の秋田』(1981・秋田魁新報社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋田城の関連キーワード秋田県秋田市寺内秋田県秋田市寺内油田秋田県秋田市寺内鵜ノ木秋田県秋田市寺内大小路秋田県秋田市寺内大畑秋田県秋田市寺内神屋敷秋田県秋田市寺内高野秋田県秋田市寺内児桜秋田県秋田市寺内蛭根秋田県秋田市寺内焼山

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋田城の関連情報