埴原和郎(読み)はにはら かずろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

埴原和郎 はにはら-かずろう

1927-2004 昭和後期-平成時代の人類学者。
昭和2年8月17日生まれ。47年東大教授となる。62年国際日本文化研究センター教授。諸人種のの形態を比較し,モンゴロイドの歯の特徴に注目。骨や歯の特徴を統計学的に処理し,性別や年齢を推定する方法を考案。また,南方系の縄文人と北方系の弥生人が混血したことによって日本人は形成されたとする「二重構造モデル」を提唱した。平成16年10月10日死去。77歳。福岡県出身。東大卒。著作に「日本人の成り立ち」「新しい人類進化学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android