コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埴壌土 しょくじょうど

大辞林 第三版の解説

しょくじょうど【埴壌土】

粘土が37.5~50パーセント混じった土壌。イネの栽培に最適。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

埴壌土
しょくじょうど

土性区分の一つで、かつての日本農学会法では粘土分の組成が全量の37.5~50%に入るもの。野外の指先による感触では、かなり粘土分に富むが若干砂のざらつきも感ずるという程度の土壌である。国際土壌学会法によれば、ほぼこの埴壌土に相当するクレイローム(略記CL)がある。国際法では土粒の3区分に基づく三角座標上の土性区分として、クレイロームに近いものにシルトロームsilt loam(SiL)、シルティクレイロームsilty clay loam(SiCL)、ローム(L)があり、これらの違いは分析操作を経て決定される。多くの耕地土壌、とくに大河川の下流平野の水田土壌や、火山灰土壌に埴壌土の例が多く、壌土とともに好適な土地条件とされることが多い。[浅海重夫・渡邊眞紀子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

埴壌土の関連キーワードカキ(柿)栽培イネ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android