コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埼玉青なす

デジタル大辞泉プラスの解説

埼玉青なす

埼玉県で生産されるナス。実は巾着型で果皮は鮮やかな緑色果肉はよく締まり加熱食に向く。かつては奈良漬原料にも用いられた。明治期に中国から導入されたとされる。正式名称「埼玉青大丸なす」。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

埼玉青なす[果菜類]
さいたまあおなす

関東地方、埼玉県の地域ブランド。
主に比企郡ときがわ町で生産されている。明治時代に埼玉県に導入された黒紫色に着色しない丸なす。以前は白なすとも呼ばれた。昔は奈良漬け用に栽培されたが、現在は直売用や自家用程度にしか栽培されていない希少性の高い夏野菜。花の色は白く、実は鮮緑色の巾着型、重量が300g程度になると収穫する。煮物や焼きなすなどに最適。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

埼玉青なすの関連キーワード関東地方

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android