コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀井新治郎 ほりい しんじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀井新治郎 ほりい-しんじろう

1875-1962 明治-昭和時代の発明家,実業家。
明治8年8月13日生まれ。義父とともに簡易印刷機の開発着手明治27年成功して謄写版(とうしゃばん)と名づけ,東京神田鍛冶(かじ)町に堀井謄写堂(現ホリイ)を創始した。その後も印刷技術の開発・改良につくした。昭和37年2月15日死去。86歳。滋賀県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の堀井新治郎の言及

【謄写版】より

…19世紀末,アメリカのエジソンが蠟を塗った紙に電気で振動するペンで細かい穴をあけ,版とする方法を考案したのが最初といわれる。日本では,1894年堀井新治郎が蠟引きした原紙をやすり上におき,鉄筆で書いて製版する方法を発明,謄写版と名づけ,以後大衆的謄写印刷はいろいろな工夫が加えられ広く利用されるようになった。製版法としてやすりと鉄筆による手書製版のほか,タイプライターによる打字製版が大正の末年ころから行われはじめ,第2次大戦後,5号,9ポ,8ポなどの小型活字のタイプライターが現れたこと,孔版タイプ用中性インキの出現などによって字画の鮮鋭な印刷ができるようになり,事務的な謄写印刷などに広く利用されるようになった。…

※「堀井新治郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

堀井新治郎の関連キーワード謄写版印刷昭和時代実業家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android