コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀場清子 ほりば きよこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀場清子 ほりば-きよこ

1930- 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和5年10月19日生まれ。鹿野政直の妻。土橋治重(じじゅう)に師事。昭和57年詩誌「いしゅたる」を創刊,主宰。平成5年「首里」で現代詩人賞。女性史研究でも知られ,「わが高群逸枝(たかむれ-いつえ)」(共著),「イナグヤ ナナバチ」(平成2年青山なを賞)など実証的な研究が多数ある。22年女性文化賞。広島県出身。早大卒。本名は鹿野清子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

堀場清子の関連キーワード高良留美子

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堀場清子の関連情報