コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土橋治重 どばし じじゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土橋治重 どばし-じじゅう

1909-1993 昭和-平成時代の詩人,小説家。
明治42年4月25日生まれ。山梨民友新聞,朝日新聞につとめる。室生犀星(むろう-さいせい)に師事し,「日本未来派」をへて詩誌「風」を主宰。昭和28年詩集「花」を発表。ほかに詩集「馬」「葉」,小説「武田信玄」「北条早雲」など。平成5年6月20日死去。84歳。山梨県出身。ハミルトン文科カレッジ中退。本名は治重(はるしげ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

土橋治重の関連キーワード納屋助左衛門堀場清子高見順小説家

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android